トップメッセージ MESSAGE

トップメッセージ

CEOからのご挨拶

「エンターテイメントは、人類のDNAである。」


私たちはこうした信念のもと、世界中の皆様に忘れられない体験を提供しています。高級ホテル、エキサイティングなショーやライブ、最新設備を備えたMICE施設、さらに、レストラン、ショッピング、リラクゼーション、ナイトライフに至るまで、ありとあらゆるエンターテイメントを地域の特色に合わせて実現してきました。
私たちのこの理念は、ここ大阪においても揺るぎません。MGMが長年培ってきたエンターテイメント分野における経験と、大阪・関西の多種多様な文化。この2つを融合することで、日本発の全く新しいエンターテイメント、「Entertainment NEXT!」を生み出していきます。
さらに、新たな統合型リゾートの姿を示す「開かれたIR」を大阪で創造することをめざします。大阪IRは、日本各地の奥深い文化を体験できるコンテンツや特産品が一堂に会すショーケースであるとともに、世界の人々が日本全国を周遊するためのハブとしての機能を果たすのです。
父の仕事の関係で、私は日本で生まれました。そのため私にとって日本は非常に特別な場所であり、この素晴らしい文化を広く世界に伝えたいと思っています。これまでにも、ラスベガスで初となる相撲の興行や歌舞伎公演の開催、ベラージオの植物園での日本に関する美しい展示、日本文化の祭典であるラスベガス秋祭りの演出など、幅広い企画やイベントで陣頭指揮を執ってまいりました。
世界中の人々が、日本ならではのおもてなし、世界に誇れる食文化である和食、歌舞伎、能から漫才、J-POPまで広がる多様な芸能、伝統工芸から現代アートまで網羅する日本独自の芸術、そして世界最先端のテクノロジーに魅了されています。こうした大阪、関西、日本の魅力はIRを通してますます輝いていくことでしょう。
MGMは、これからも日本でのIR開発に全力で取り組んでまいります。そして、大阪を象徴する素晴らしいIRによって日本の魅力を世界中に発信していくことができれば、私にとってこれほど喜ばしいことはありません。
MGM リゾーツ・インターナショナル
社長、CEO ビル・ホーンバックル
日本MGMリゾーツのウェブサイトへようこそ!こちらでは、統合型リゾートとMGMに関する情報をご提供するとともに、日本における展望についてご紹介しております。ご覧いただき、末永くお付き合いいただけますことを心から願っております。
MGMは2014年に日本オフィスを開設し、政府、自治体、ビジネス、コミュニティ関係者の皆様に統合型リゾートについてご理解いただけるよう働きかけると同時に、ご意見・ご要望をお伺いして関係構築に努めてまいりました。
私たちはこれまで、地域コミュニティとの対話や地域のお祭りへの参加を通じて、日本の伝統や文化への理解を深めてきました。さらに、日本における活動基盤をさらに強化するべく、外交官として長く日本で活躍し、日本に深い造詣を持つジェイソン・ハイランドを社長として迎えたほか、2019年には大阪オフィスを開設いたしました。
MGMが描く日本の統合型リゾートとは、私たちが創ったものをそのまま持ち込むのではなく、日本のパートナーや地域コミュニティの方々の貴重なご意見を取り入れながら、日本に資するものとして「共に創りあげていく」ものだと考えています。日本における統合型リゾートの可能性は無限大です。ぜひ皆さまにこちらでご紹介する情報をご覧いただき、その可能性を感じていただけますことを心から願っております。
日本MGMリゾーツ
代表執行役員社長 CEO エド・バワーズ