活動報告 NEWS 活動報告 NEWS

2017.03.24

統合型リゾート

シティセンター、2億5,000万米ドルの配当金を発表

MGM リゾーツ・インターナショナル (NYSE:MGM、会長兼 CEO: ジェームス・ムーレン)とインフィニティ―・ワールド・ディベロプメント・コーポレーションの合弁事業である、シティセンター・ホールディングス LLC (以下シティセンター)は、3 月24 日に、取締役会にて 2 億5,000 万米ドルの配当金の承認をしたことを発表しました。この配当金には、1 億7,200万米ドルの特別配当金と年間配当政策である 7,800 万米ドルの配当金が含まれています。この2 億 5,000 万米ドルは、第2 四半期に配当される予定です。

「シティセンターは、継続的に大きな営業レバレッジを発揮しておりますが、2016 年は過去最 高の業績を記録した『アリア・リゾート&カジノ』が貢献しました。取締役会といたしましては、同センターが低い借入比率と共に堅固なフリー・キャッシュフローを有すことから、引き 続き株主へ最大限の投資利益の機会を提供できるものと確信しております。」(MGM リゾーツ・インターナショナル、会長兼 CEO およびシティセンター、会長、ジェームス・ムーレン)

シティセンターについて

シティセンターは、株式の 50%を MGM リゾーツ・インターナショナルの完全子会社が所有し、残りの 50%はドバイ・ワールドの完全子会社であるインフィニティ―・ワールド・ディベロプメント・コーポレーションが保有しています。同施設は、ラスベガス・ストリップ地区にある都市風の多目的施設で、2009 年 12 月に開業しました。4,004 部屋を有すカジノ・リゾート「アリア・リゾート&カジノ」、392 の客室と 225 部屋のラグジュアリー分譲マンションを有すブティック・ホテルの「マンダリン・オリエンタル」(カジノ施設無)、 1,495 部屋のラグジュアリー・ホテル・コンドミニアム「ヴィダーラ・ホテル&スパ」、669 室のラグジュア リー分譲マンション「ヴィア・タワー」などが含まれています。

MGM リゾーツ・インターナショナルについて

MGM リゾーツ・インターナショナル(NYSE: MGM)は、世界有数のホスピタリティ企業として、ベラージオ、MGM グランド、マンダレイ・ベイ、ザ・ミラージュ等のデスティネーション・リゾートを経営しています。2016 年 12 月 8 日に米国メリーランド州において MGM ナショナル・ハーバーを開業し、現在マサチューセ ッツ州で MGM スプリングフィールドを開発しています。また、第一級のトリプルネットリース・タイプの不動産投資信託として、大規模な娯楽・レジャーリゾートの買収や所有、リースを行なっている MGM グロース・プロパティーズ LLC(NYSE: MGP)の株式の 76%を保有しています。さらに、MGM マカオや、開発中の MGM コタイを所有する MGM チャイナ・ホールディングス・リミテッド(SEHK: 2282)の 56%、アリア・リゾート&カジノを擁するラスベガスのシティセンターにおいても 50%の株式を保有しています。MGMリゾーツはフォーチュン誌 2016 年版の「世界で最も称賛される企業」リストに名を連ねています 。詳しい情報は、MGM リゾーツ・インターナショナルのウェブサイト https://www.mgmresorts.co.jp/(日本語)http://www.mgmresorts.com(英語)をご参照ください。

将来性の見通しに関する記述について

このプレスリリースには、1995 年米国民事訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)の定義する「将来性の見通しに関する記述」に該当する情報が記載されています。将来性の見通しに関する記述とは、歴史的事実を述べるものではない記述で、さまざまなリスクや不確実な要素が含まれます。将来性の見通しに関する記述は、経営陣による現在の予想と仮定が元になっており、歴史的事実に基づいたものではありません。記述例としては、株主に対する配当および配当時期などが挙げられますが、これに限るものではありません。将来の見通しに関する記述において予測していた内容と大きく乖離する結果をもたらす重要な要素とは、①同社が事業を展開する地域での経済および市場状況や全米を含む世界中の旅行目的地との競争、②拡充事業のデザインや時期とコスト、③国際的事業展開に伴うリスク、④既存または新たな法域の拡大に関連する許可、ライセンス、融資、承認、そのほかの付随的な事柄などが挙げられます。

PDFダウンロード

このリリースのPDFのダウンロードは こちら

本リリースは、3月24日(米国時間)にラスベガスにて発表された英文リリースを和文化したものです。