活動報告 NEWS 活動報告 NEWS

2017.03.24

CSR

MGMリゾーツ・インターナショナル、「アース・アワー2017」に参加

ネバダ、ミシシッピ、メリーランド、中国のリゾート施設で外部照明を暗くし、気候変動に対する認知向上を目指す

MGM リゾーツ・インターナショナル(NYSE:MGM、会長兼 CEO:ジェームス・ムーレン、以下MGM リゾーツ)は、3 月25 日に、世界中にある18 施設で外部照明を暗くし、気候変動の世界的な認知向上を目指す「アース・アワー」に参加することを発表しました。

WWF(世界自然保護基金)が毎年主催しているアース・アワーは、省エネの大切さと、気候変動に対する取り組みへの支援を呼びかける目的で実施されており、世界中の何百万もの人々が、コミュニティや会社、そして有名建築物などで、このプロジェクトの期間中、1 時間照明を消しています。

MGM リゾーツは、ラスベガスの主要施設だけでなく、マカオの「MGM チャイナ」、メリーランド州の「MGM ナショナル・ハーバー」、ニュージャージー州の「ボルガータ・ホテル・カジノ&スパ」、ミシシッピ州の「ゴールド・ストライク・チュニカ」、同州ビロクシの「ボー・リバージュ・ビロクシ」において、現地時間の午後8:30~9:30 の間、正面玄関周辺や、ひさし、屋上看板、外灯などの外部照明の一部を消します。このプロジェクトにはMGM リゾーツの施設以外にも、オーストラリアの「オペラ・ハウス」や、ギリシャ、アテネの「アクロポリス」などの有名施設や遺跡が参加します。

「MGM リゾーツは、環境保護を推進しており、地球上の限られた資源を保護するための取り組みを行っています。アース・アワーのようなプロジェクトは、弊社の環境保護に対する姿勢を示すだけではなく、他の企業や個人に対して、省エネを促す良い機会だと思います。」(MGM リゾーツ・インターナショナル シニア・バイス・プレジデント兼チーフ・サステナビリティ・オフィサー、シンディ・オルテガ)

2007 年にシドニーで始まったアース・アワーには、2 百万人以上の人が参加しました。11 回目を迎えた今年は、162 を超える国と地域から何百万に及ぶ人が参加します。

MGM リゾーツは、過去5 年間で、1 万2,000 世帯が1 年間で消費する電力に相当する、1 億4,000 万kWh 以上のエネルギーを削減することができました。このような取り組みを実施していくことで、環境のサスティナビリティーにおいて、リゾート業界のリーダーであることに誇りを持っています。

さらに、同社の保有するリゾート施設内の130 万個の電球を、最新の超高効率 LED に交換するプロジェクトを2 年前に開始し、年内にも完了する予定です。終了した暁には、全リゾート施設で、ゲストエリアだけでなく、従業員が使うエリアにおいても、全ての照明が省エネ仕様になります。本プロジェクトは、MGM リゾーツが2014 年に参加した、米国エネルギー省が企業に対して建物全体のエネルギー消費量を 2020 年までに自主的に20%削減することを求めた「ベター・ビルディング・チャレンジ」というプログラムの一環として始まりました。

MGM リゾーツのサスティナビリティーの詳しい取り組みに関しては、www.mgmresorts.co.jp/what-we-do/csr/ を参照ください。

MGM リゾーツ・インターナショナルについて

MGM リゾーツ・インターナショナル(NYSE: MGM)は、世界有数のホスピタリティ企業として、ベラージオ、MGM グランド、マンダレイ・ベイ、ザ・ミラージュ等のデスティネーション・リゾートを経営しています。2016 年 12 月 8 日に米国メリーランド州において MGM ナショナル・ハーバーを開業し、現在マサチューセ ッツ州で MGM スプリングフィールドを開発しています。また、第一級のトリプルネットリース・タイプの不動産投資信託として、大規模な娯楽・レジャーリゾートの買収や所有、リースを行なっている MGM グロー ス・プロパティーズ LLC(NYSE: MGP)の株式の 76%を保有しています。さらに、MGM マカオや、開発中の MGM コタイを所有する MGM チャイナ・ホールディングス・リミテッド(SEHK: 2282)の 56%、アリア・リゾート&カジノを擁するラスベガスのシティセンターにおいても 50%の株式を保有しています。MGMリゾーツはフォーチュン誌 2016 年版の「世界で最も称賛される企業」リストに名を連ねています 。詳しい情報は、MGM リゾーツ・インターナショナルのウェブサイト https://www.mgmresorts.co.jp/ (日本語)http://www.mgmresorts.com (英語)をご参照ください。

WWF について

WWF(世界自然保護基金)は独立系保護組織として、世界最大級かつ最も評価の高い団体で、500 万人以上のサポーターと、世界 100 カ国以上にネットワークを持っています。WWF のミッションは、世界の生物多様性を維持、再生可能な自然資源の継続的な活用、公害や無駄な消費の削減を推進することで、地球の自然環境悪化を阻止し、人と自然が調和して暮らせるような未来を構築することです。最新のニュースや報道用資料は、 panda.org/news をご覧ください。

アース・アワーについて

アース・アワーは、WWF による世界的な環境保護運動です。2007 年にシドニーで始まり、今日、世界最大規 模の環境保護の草の根運動までに成長しました。過去 10 年以上に渡って、計 170 以上の国と地域において、個人や、コミュニティ、企業、団体が、気候変化に対する取り組みを行っています。この運動は、気候変動に 対する個人の役割を明らかにし、何百万人ものサポーターの力を結集させ、気候変動対策に焦点を当てるため のものです。

PDFダウンロード

このリリースのPDFのダウンロードは こちら

本リリースは、3月24日(米国時間)にラスベガスにて発表された英文リリースを和文化したものです。