活動報告 NEWS 活動報告 NEWS

2015.06.26

サービス

MGMリゾーツ・インターナショナル、企業の信頼度調査でホスピタリティ・旅行部門で上位にランクイン

ホテル運営会社、航空会社、旅行ウェブサイト、ファストフード・レストランを対象とする調査で 18 位にランクイン

【米国ラスベガス、2015 年 6 月 22 日】
MGM リゾーツ・インターナショナル(NYSE:MGM、以下MGM リゾーツ)は、企業の意識調査を専門に手掛ける世界大手のレピュテーション・インスティテ ュート社による信頼度調査で、米国ホスピタリティ・旅行部門で 18 位にランクインしました。

今回、レピュテーション・インスティテュート社は、米国内のホテル運営会社、航空会社、旅行ウェブサイト、ファストフード・レストランを対象に、信頼度で上位 50 位にランクインした企業のリストを初めて発表しました。これには、MGM リゾーツのほか、チポトレ・メキシカン・グリル、マリオット・インターナショナル、パネラ・ブレッド、スターバックスなどがランクインしています。

レピュテーション・インスティテュート社のブラッド・ヘクト主任研究官(Brad Hecht)は、次のように述べています。「上位にランクインした企業は、信頼度の 20%を占める製品やサービスだけでなく、企業としての責務の遂行状況や、運営面の公平性や透明性の重要性を認識しています。実際信頼度の 15%は、後者に占められています」
ホスピタリティ・旅行部門の上位 50 社のリストは、企業に関して行われる年一回の意識調査、「2015 年 US RepTrak® 100」で、米国市民 5 万人を超えるアンケートで収集されたデータに基づき作成されました。

RepTrak® は、世界 50 カ国、25 業界の 7000 社にも及ぶ 15 の利害団体へのアンケート結果からなる標準のデータベースです。 対象企業は、信頼度を左右する 7 つの主要項目:「製品・サービス」、「イノベーション」、「勤務環境」、「ガバナンス」、「社会的責任」、「リーダーシップ」、「業績」に基づき評価されています。

MGM リゾーツの会長兼 CEO のジェームス・ムーレン(Jim Murren)は、次のように述べています。「米国内の名だたるブランドと並び本リストにランクインできたことはもちろん、世界トップクラスのサービスと、ガバナンスにおけるリーダーシップや企業が果たす社会的責任など、信頼構築につながる様々な分野での弊社の取り組みが、お客様や一般の方々に評価されたことに嬉しく思います。」

ホスピ タリ ティ・旅行部門信頼 度上位 50 社のリ ストは、以下を ご 覧 く だ さ い 。 http://www.reputationinstitute.com/US-Hospitality-Reptrak

MGM リゾーツ・インターナショナルについて

MGM リゾーツ・インターナショナルは、ベラージオ、MGM グランド、マンダレイ・ベイ、ザ・ミラージ ュなどのリゾート・ブランドを運営し、現在、メリーランド州において MGM ナショナルハーバー、マサチューセッツ州では MGM スプリングフィールドを建設する、世界有数のホスピタリティ企業です。 MGM チャイナの株式の 51%を所有し、傘下の MGM マカオ・リゾート・アンド・カジノや、コタイ地区で建設中のゲーミング・リゾート、さらにアリア・リゾーツ・アンド・カジノを含むラスベガス都市型リゾートのシティセンターの株式も 50%保有しています。詳しくは、http://www.mgmresorts.com

PDFダウンロード

このリリースのPDFのダウンロードは こちら


本資料は、2015 年 6 月 22 日(現地時間)に米国ラスベガスで発表されたプレスリリースの翻訳版です。