活動報告 NEWS 活動報告 NEWS

2021.07.06

ニュースレター

ニュースレター MGM MOMENT 7月号l MGMで働くということ

MONTHLY FEATURE

MGMのダイバーシティ&インクルージョンへの取り組み

MGMで働くということ

forbes

MGMがForbesの「The Best Employers for Diversity 2021」に選出

この度、MGMリゾーツは、Forbesが毎年発表している「The Best Employers for Diversity 2021」に選出されました。この調査は、従業員数1,000人以上の企業を対象に、50,000人以上の米国人従業員による評価に基づいて行われる大規模な調査です。従業員による企業の直接評価のほか、幹部/役員の男女比・人種多様性や多様性を推進するための施策なども評価の対象となっています。MGMは、多様性あふれる幹部・役員・従業員構成や、長年に渡り実施してきた数多くの社内外のダイバーシティ&インクルージョン施策が評価され、受賞に至りました。
MGMにとって、 ダイバーシティとインクルージョンは単に社会的な要請に従って取り組むべきものではありません。世界中の多様なゲストやコミュニティに“最高のホスピタリティ・エンターテイメント”をお届けするために、私たちにとって必要不可欠な視点なのです。 
以下では、ダイバーシティとインクルージョンという視点から、いつもとは少し異なった、“企業としてのMGM”の姿をご紹介します。


forbes

MGMがForbesの「The Best Employers for Diversity 2021」に選出

この度、MGMリゾーツは、Forbesが毎年発表している「The Best Employers for Diversity 2021」に選出されました。この調査は、従業員数1,000人以上の企業を対象に、50,000人以上の米国人従業員による評価に基づいて行われる大規模な調査です。従業員による企業の直接評価のほか、幹部/役員の男女比・人種多様性や多様性を推進するための施策なども評価の対象となっています。MGMは、多様性あふれる幹部・役員・従業員構成や、長年に渡り実施してきた数多くの社内外のダイバーシティ&インクルージョン施策が評価され、受賞に至りました。
MGMにとって、 ダイバーシティとインクルージョンは単に社会的な要請に従って取り組むべきものではありません。世界中の多様なゲストやコミュニティに“最高のホスピタリティ・エンターテイメント”をお届けするために、私たちにとって必要不可欠な視点なのです。 
以下では、ダイバーシティとインクルージョンという視点から、いつもとは少し異なった、“企業としてのMGM”の姿をご紹介します。


MGMのダイバーシティ推進の現状

まず定量的な観点から、MGMのダイバーシティの推進状況を示します。“マネジメント層”に絞ってみると、現在、女性がマネジメント層に占める割合は43.2%、人種や宗教などの少数派であるマイノリティーが占める割合は43.6%となっています。



これらの数値は、世界の女性マネジメント職の平均比率である27%(国際労働機関が2018年に発表)を大きく上回っていますが、MGMはいずれの数値も「2025年までに50%」を目指すことを発表しています。 一方、マネジメント層に限らず、従業員全体での比率を見てみると、すでに全従業員の49.8%が女性、71.9%をマイノリティが占めており、MGMがいかに多様な人材によって支えられているかがわかります。 


MGMのダイバーシティ推進の現状

まず定量的な観点から、MGMのダイバーシティの推進状況を示します。“マネジメント層”に絞ってみると、現在、女性がマネジメント層に占める割合は43.2%、人種や宗教などの少数派であるマイノリティーが占める割合は43.6%となっています。



これらの数値は、世界の女性マネジメント職の平均比率である27%(国際労働機関が2018年に発表)を大きく上回っていますが、MGMはいずれの数値も「2025年までに50%」を目指すことを発表しています。 一方、マネジメント層に限らず、従業員全体での比率を見てみると、すでに全従業員の49.8%が女性、71.9%をマイノリティが占めており、MGMがいかに多様な人材によって支えられているかがわかります。 



Focused on What Matters

ダイバーシティとインクルージョンを推進するための、より具体的な取り組みを以下にご紹介いたします。 
MGMでは、あらゆるダイバーシティとインクルージョンへの取り組みを「Focused on What Matters(もっとも肝心なことに集中する)」と呼ばれるプログラムに集約しています。 
このプログラムの中では、“従業員” “文化” “サプライヤー/ゲスト”の3つのステークホルダーに対し、MGMがどのような方針のもとで、どのような施策でダイバーシティとインクルージョンを推進していくかが明記されています。 
例えば、従業員に関しては、「多様な人材を惹きつけ、育成し、維持し、その人材がリーダーシップを発揮する機会を平等に整備すること」を方針として、入社時からメンタリング、後継者育成、昇進に至るまで、人事業務全体にダイバーシティ&インクルージョンを根付かせる各種施策が整理されています。 
さらに、本プログラムの特徴として、従業員とゲストに留まらず、“コミュニティ”と“サプライヤー”までを対象としている点が挙げられます。MGMは地域コミュニティ・サプライヤーの皆様と一緒に成長していくことが必要不可欠であると考えているため、地元の中小企業との積極的な取引を推進すると共に、ビジネスを共に成長させていくための中小企業向けのメンターシッププログラムなども実施しています。 


Focused on What Matters

ダイバーシティとインクルージョンを推進するための、より具体的な取り組みを以下にご紹介いたします。 
MGMでは、あらゆるダイバーシティとインクルージョンへの取り組みを「Focused on What Matters(もっとも肝心なことに集中する)」と呼ばれるプログラムに集約しています。 
このプログラムの中では、“従業員” “文化” “サプライヤー/ゲスト”の3つのステークホルダーに対し、MGMがどのような方針のもとで、どのような施策でダイバーシティとインクルージョンを推進していくかが明記されています。 
例えば、従業員に関しては、「多様な人材を惹きつけ、育成し、維持し、その人材がリーダーシップを発揮する機会を平等に整備すること」を方針として、入社時からメンタリング、後継者育成、昇進に至るまで、人事業務全体にダイバーシティ&インクルージョンを根付かせる各種施策が整理されています。 
さらに、本プログラムの特徴として、従業員とゲストに留まらず、“コミュニティ”と“サプライヤー”までを対象としている点が挙げられます。MGMは地域コミュニティ・サプライヤーの皆様と一緒に成長していくことが必要不可欠であると考えているため、地元の中小企業との積極的な取引を推進すると共に、ビジネスを共に成長させていくための中小企業向けのメンターシッププログラムなども実施しています。 

Courageous Conversations

“Courageous Conversations(勇敢な対話)”は、アメリカで起こった社会運動であるBlack Lives Matter(BLM)を受けて、MGMがいち早く始めた社内施策です。
  このプログラムは、マネジメント層と多様なバックグラウンドを持つ従業員との間で、「MGMが多様な人材を受け入れるために必要なこと」をオープンに議論するためのフォーラムです。 第1回目のフォーラムには、社内のあらゆるレベルの管理職と30名以上のアフリカ系アメリカ人従業員が参加し、 “MGMの改善点”を徹底的に議論しました。その結果、MGMが取り組むべき3つの改善点が洗い出されました。そのうちの一つが、“あるレベルの中間管理職にアフリカ系アメリカ人がいないこと” です。これを受け、MGMのタレントマネジメントチーム(人事部)は、マネジメント層と連携を取りながら、優秀なアフリカ系アメリカ人従業員のキャリアアップを支援する具体的な施策の整備に取り組み始めています。


Courageous Conversations


Courageous Conversations

“Courageous Conversations(勇敢な対話)”は、アメリカで起こった社会運動であるBlack Lives Matter(BLM)を受けて、MGMがいち早く始めた社内施策です。
  このプログラムは、マネジメント層と多様なバックグラウンドを持つ従業員との間で、「MGMが多様な人材を受け入れるために必要なこと」をオープンに議論するためのフォーラムです。 第1回目のフォーラムには、社内のあらゆるレベルの管理職と30名以上のアフリカ系アメリカ人従業員が参加し、 “MGMの改善点”を徹底的に議論しました。その結果、MGMが取り組むべき3つの改善点が洗い出されました。そのうちの一つが、“あるレベルの中間管理職にアフリカ系アメリカ人がいないこと” です。これを受け、MGMのタレントマネジメントチーム(人事部)は、マネジメント層と連携を取りながら、優秀なアフリカ系アメリカ人従業員のキャリアアップを支援する具体的な施策の整備に取り組み始めています。


Courageous Conversations


Learning Experiences Accelerate Development (LEAD)

Learning Experiences Accelerate Development (LEAD)プログラムは、MGMのEmployee Network Group(ENG, 従業員ネットワークグループ)と連携を行いながら、従業員の専門能力の開発を行う独自の教育プログラムです。このプログラムのカリキュラムは、社内のコラボレーションを活性化し、あらゆるレベルの従業員がリーダーシップを発揮できるように設計されています。
このLEADプログラムには、従業員自身がより高度な教育を受けるための金銭的なサポートや、従業員の子どもへの奨学金なども含まれています。現在も全従業員の18%がMGMから金銭的なサポートを受けており、合計200万ドルの奨学金が従業員の子どもに支払われています。各リゾート施設のマネジメント層では、このLEADプログラムの修了生が数多く活躍しています。

今後も徹底した安全対策のもと、ラスベガスのコミュニティ全体を活性化するべく尽力してまいります。


LEAD


Learning Experiences Accelerate Development (LEAD)

Learning Experiences Accelerate Development (LEAD)プログラムは、MGMのEmployee Network Group(ENG, 従業員ネットワークグループ)と連携を行いながら、従業員の専門能力の開発を行う独自の教育プログラムです。このプログラムのカリキュラムは、社内のコラボレーションを活性化し、あらゆるレベルの従業員がリーダーシップを発揮できるように設計されています。
このLEADプログラムには、従業員自身がより高度な教育を受けるための金銭的なサポートや、従業員の子どもへの奨学金なども含まれています。現在も全従業員の18%がMGMから金銭的なサポートを受けており、合計200万ドルの奨学金が従業員の子どもに支払われています。各リゾート施設のマネジメント層では、このLEADプログラムの修了生が数多く活躍しています。

今後も徹底した安全対策のもと、ラスベガスのコミュニティ全体を活性化するべく尽力してまいります。


LEAD


加速する従業員のリクルーティング

コロナ禍を克服しつつあるMGMは、現在従業員のリクルーティングを活発に行なっています。その職種は、最前線でお客様に接する従業員である客室清掃員、プール監視員、セキュリティ、バリスタ、シェフなど多岐に渡ります。
  引き続き、従業員・ゲストの安全確保を徹底しつつ、これからも多様な従業員、パートナーと共に、世界中の人々に“最高のエンターテイメント”を提供していく所存です。


加速する従業員のリクルーティング

コロナ禍を克服しつつあるMGMは、現在従業員のリクルーティングを活発に行なっています。その職種は、最前線でお客様に接する従業員である客室清掃員、プール監視員、セキュリティ、バリスタ、シェフなど多岐に渡ります。
  引き続き、従業員・ゲストの安全確保を徹底しつつ、これからも多様な従業員、パートナーと共に、世界中の人々に“最高のエンターテイメント”を提供していく所存です。


MGM TIPS   古きよきマンハッタンが蘇った「ニューヨーク・ニューヨーク」

ラスベガスの「ニューヨーク・ニューヨーク」は、 1940年代ごろのニューヨーク・マンハッタンをモチーフにした遊び心溢れる統合型リゾートです。施設各所には、あの自由の女神やブルックリンブリッジなどの巨大なレプリカが設置されており、ラスベガスの観光名所の一つとなっています。さらに、客室棟もエンパイアステートビルやクライスラービルを模した外観となっています。
敷地内には、小規模ながらもそのスリル溢れるライド感で人気の「ビッグアップル・コースター」と呼ばれるジェットコースターが設置されています。このジェットコースターは、優れた振動対策と騒音対策技術を持つ日本のトーゴ社によって製作されました。
※8月号のニュースレターは休刊いたします。

MGM TIPS

ラスベガスの「ニューヨーク・ニューヨーク」は、 1940年代ごろのニューヨーク・マンハッタンをモチーフにした遊び心溢れる統合型リゾートです。施設各所には、あの自由の女神やブルックリンブリッジなどの巨大なレプリカが設置されており、ラスベガスの観光名所の一つとなっています。さらに、客室棟もエンパイアステートビルやクライスラービルを模した外観となっています。
敷地内には、小規模ながらもそのスリル溢れるライド感で人気の「ビッグアップル・コースター」と呼ばれるジェットコースターが設置されています。このジェットコースターは、優れた振動対策と騒音対策技術を持つ日本のトーゴ社によって製作されました。
※8月号のニュースレターは休刊いたします。

ニューヨーク・ニューヨークのシンボルとなっている自由の女神像も、コロナ禍ではしっかりマスクを着用。


「ビッグアップル・コースター」は、浅草花やしきのコースターなどで知られる日本のトーゴ社製。

ニューヨーク・ニューヨークのシンボルとなっている自由の女神像も、コロナ禍ではしっかりマスクを着用


「ビッグアップル・コースター」は、浅草花やしきのコースターなどで知られる日本のトーゴ社製。